2008年07月07日

人生の整理にかかっている

昨日、20年前のこと書いていて、自分のことだけど、
ちょっと別人のような、自分の過去生のような感覚でした。



でも、あとで読んで思ったのは、20年も経ってるけど、
まだ許せてないのかもしれない、ということでした。

相手の女の子、女の子の母親、彼の母親、
この3人の女性は、わたしを責めるだけでしたから。

当時、あやまってほしい、と思っていたのに、
逆でしたから。


なかなかしつこいですね、わたしの自我(苦笑)


(ちなみに、彼と女の子は、
 10年ほど一緒に暮らした後、別れています。)



その後現れる、苦手な人、嫌いな人は、
この3人の女性のそっくりさんかもしれません。


でも、この人たちも、わたしが創ったとすると、
いったいどこから、この人たちを創ったのか、謎ですけど。





新聞見てたら、
「人生の整理にかかっている」という、立川談志師匠のお言葉。


わたしも、<本当の自分に還る>までの自分の人生整理したくて
過去のことも書きたいのかな、と思いました。




東京、大雨です。

新しい週の始まりです。
今日も、がんばりましょう。




いつもありがとうございます!








posted by ima at 07:14| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

人生で、いちばん辛かったとき

20年前、離婚しました。

わたしの人生で、いちばん辛かったときでした。



小さなデザイン工房でアルバイトしていた頃、
カメラマンのアシスタントしてた彼と知り合いました。


知り合って半年で、一緒に暮らし始めます。

結婚したくなかったので、籍は入れませんでしたが、
10年ほどして、結婚してもしなくてもどちらでもいい、
と思えたので、籍を入れました。
生活していくのに、便利だったからです。



京都 → 大阪 → 東京 → 大阪 → 京都



離婚の話になった頃は、彼は大阪の会社に勤めていて、
わたしは、京都の家で、友禅彩色の仕事をしていました。


遅く帰ってきても、毎晩、いろんなこと話し、
「モンティパイソン」のビデオ見て笑い、
休日はオンボロワーゲンで出かけ、楽しかった。


猫3匹いて、小さな庭でハーブを育て、お菓子作ったり。
近所のおばあさんたちに、おかずいただいたり、
蕨採りに連れていっていただいたり。


かなり貧乏でしたけど、とてもしあわせに暮らしていました。






ある日、突然、
「好きな女の子ができたから別れてほしい」
と、言われたのです。


それからは修羅場でした。
何度も死にそうになりました。


彼は、わたしのすべてだったんだ、と思いました。
自分が半分になった気がしました。


それまで、ほとんど嫉妬などしたことなかったわたし。
嫉妬に苦しみました。こんなに辛いものかと思いました。





彼と彼の母親は、あまり仲良くなくて、ほとんどつきあいはありませんでした。
同じ経験をして離婚していた人でしたが、親子ですから彼の味方でした。


その上、相手の女の子の母親が、しょっちゅう電話してきて、
彼がいないので、わたしを責めます。


このふたりの母親のとった態度にも、とても苦しめられました。

 

わたしの母は静かでした。
明治生まれの心やさしい母、いま考えても偉かったと思います。




彼は、決められない人でした。

別れなくて済んだかもしれません。


でも、このまま一緒にいても、元のようには暮らせません。

半年ほどして、ようやく別れる決心がつきます。






住むところもなく、仕事もなく、わずかなお金をもって、
ひとり東京にきました。

37キロまでやせ、地に足ついてませんでしたけど、
生活するために働いて、休日は東京の街を歩きまわり、
少しずつ元気を取り戻していきました。




何年か前、彼に会いました。
あんなに苦しんだことが嘘のように、
わたしにとって、ただのひとになってました。

いつのまにやら、時間をかけて、浄化していたのでしょうか。





あの頃、浄化ワークを知っていたら、どうだったでしょう、
と思いますが、別れる運命だったのでしょう。



20年経ったいま、ひとり暮らしが自分に向いてる、
と思い、別れてよかった、と心から思います。



あんなことがなければ、ひとりにはなれなかったでしょう。
宇宙のしくみが解ってみると、すごいドラマ創ってたな〜と思いました。



でも、よいことしか起こらないですね。


あの経験で、人の苦しみが、少しはわかるようになった、と思います。



いろんなことがあって、いまの自分がいます。
本当の自分に還る旅をしているわたしがいます。




いつか、このことを書きたい、と思っていました。

読んでいただいて、ありがとうございます<(_ _)>



imaは、今、いまを生きています。

おだやかないまを生きています。




いつもありがとうございます!











posted by ima at 01:51| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

心のなかにある怖れ

久しぶりに、人生上昇塾の<「自我度」チェック>してみました。


「お金がないと困ることになる」
これはなかなか、消えません。



で、働かないと生活できない、と思ってます。

そして、ひとり暮らしのわたしは外で働くことで、
いろんな人と会って、成長できると思ってるとこもあります。



時間やお金、いい人間関係、すべて手に入れたいと思っているのに、
すべて手に入れたら、学べないと思ってる自分に気がつきました。


自分で問題を創りだしてるのかもしれない。


もしかしたら、すべてを手に入れるのを怖れているのかもしれません。


心のなかを観ていたら、ふと、そう思いました。




もう木曜日ですね。
毎日残業してると、あっという間に一日が過ぎていきます。


すてきな一日でありますように。


 




人気ブログランキング〜♪








posted by ima at 05:50| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

昨日は最高の日になりました

一昨日、仕事のミスが発覚して、ちょっと凹んでたわたしです。


昨日の朝、会社に着いてすぐ、上司のところに行った。

「おはようございます。
 昨日はすみませんでした。
 昨日、言われたように、
 これからはもっとていねいに仕事していきたい
 と思いますので、よろしくお願いします。」

と、頭を下げた。

そしたら

「一緒にがんばりましょう。
 これからもよろしくお願いします。」

と上司も頭を下げてくださった。


とても気持ちが通じた気がした。

ミスしたのに、会社に損失を与えたのに、
こんなふうに言ってもらえて、ほんとうにうれしかった。


思いつくかぎり浄化ワークして、
自分が人生を創ってると思ってイメージもした。。

上司も、その上司にいろいろ言われてると思ったので、
上司も、その上司も、穏やかに仕事してるところなど
イメージした。 お祈りもした。

上司のこと、ふだんから、いい人だと思っていたので、
上司の幸せを願うのは簡単だった。

思いつくかぎりのこと、やってみた。



やっぱり、現実は自分で創ってると、思った。

心から願って、心から信じることができれば、
人生は変えられる、と思った。



仕事中も、そのときのこと思い出すとウルウルした。
原稿が見えなくなったりした。

ほんとうに、うれしかった。


読んでくださって、ありがとうございました<(_ _)>

みなさんにも、いいこといっぱいありますように。






人気ブログランキング〜♪






posted by ima at 05:04| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

アクセスありがとうございます♪

テイクオフコース・ツアーガイドの安達さんに
浄化ブログのひとつとして、として、紹介していただきました。
安達さん、ありがとうございます♪

そして、きてくださったみなさん、ありがとうございます♪

たくさんのアクセス、びっくりしました。

ボチボチ更新していきますので、これからもよろしくお願いします<(_ _)>



昨日は、仕事のミスで凹んでたわたしですが、
おかげさまで元気いただきました。



思いがけないミス、これはきっと、自我のお試しです。

仕事のことでお試しなんて、痛いところ突いてきます。

わたしのミスと会社のシステム、両方の問題です。

いつもだったら、やめてやる〜って、感じですけど、
外から眺めてる静かなわたしがいます。



このしんどい現実を自分が創造したのです。
たぶん、自分が学べるように。

このことを受け入れて、意識を拡げられるといいな〜と思います。



ここ数日、近くを通っても、ノラ猫さんが逃げません。
寄ってくるわけではないのですが、じっとしています。
猫好きなので、とてもうれしい。
ずっとこのままなのか、もう少し観察してみます。


読んでくださって、ありがとうございました<(_ _)>







人気ブログランキング〜♪









posted by ima at 03:12| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

ひとりで生きることは、おもしろい

いままで、いろんな仕事をしてきた。


ことしの4月から校正の仕事をしている。

仕事は忙しい。
眼の前にある仕事をコツコツやる。

早く帰れる日は、時間がある。
残業がある日は、お金がもらえる。


人間関係に疲れて、転職ばかりしてきた。
いまになって思えば、ほとんどがわたしのわがままだ。

普通だったら、そろそろ定年というときになって、
年齢にこだわらない仕事に就けたことに感謝。



仕事で疲れることはあるけど穏やかな日々。

周りは、やさしい人ばかり。

最近腹を立てるということがほとんどない。
レジに並んでもイライラしない。
道でぶつかりそうになったら、道をゆずる。



週末は歯医者さんに通っている。
歯茎が腫れているので、歯磨きの仕方を教えてもらう。
毎日ていねいに、コツコツ歯磨きする。
歯周ポケットが浅くなった、と歯科衛生士さんにほめられる。
とてもうれしい。

週末はコツコツ、浄化ワークをする。
心が軽くなった気がする。

座ってばかりの仕事なので、週末は歩く。
歩くのは大好きだ。



TVはほとんど見ない。

新聞もパラパラしか見ない。

本も前ほど読まなくなった。

お気に入りのEXILE♪だけはよく聴いてる。

野菜、果物中心の食生活。



努力なんて、ほとんどしたことないわたしが、
最近はいろんなことコツコツしてる。


なんだかとっても地味で、穏やかな生活だ。


テイクオフコースを受講して、また少し自分が変わった。

ひとり暮らしなので、自分が変われば、風景はガラリと変わる。

ひとりでいることが好きだ。

それにどうやら、この世界は自分しかいないらしい。
他人は、いないのだ。



ひとりで生きることは、ほんとうにおもしろい。






人気ブログランキング〜♪


posted by ima at 03:23| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

小さな子供の頃、考えていたこと

学校嫌いの子供だった。
登校拒否という言葉はなかった。


大人になって母が言った。

「登校拒否という言葉があったら、学校行かなかったでしょ」

「うん」 とわたし。


言葉がなければ、観念もなく、登校拒否もならない。



学校嫌いだったわたしは子供ながらにあれこれ考えた。

<なぜ毎日学校へ行かなくてはいけないんだろう?>


父はサラリーマンだった。

<大人になっても毎日会社に行って働かなきゃいけないんだ>

母は専業主婦だった。
洗濯機も冷蔵庫もない時代。ごはんもカマドで炊いていた。

<おかあさんもたいへんだ>



両親は、とてもやさしかった。
末っ子だったわたしは、特に甘やかされて育った。

小学生になる前は、とても幸せだった記憶がある。
小学生になってからも、お家はパラダイスだった。


<自由にすべての時間を幸せに生きるにはどうしたらいいんだろう?>

なんてことを、考えている子供だった。

大人になっても、それは変わらなかった。




答は心のなかにあった! 自分が自分の人生の創造主だった!







人気ブログランキング〜♪







posted by ima at 07:24| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

若い頃のこと

観念が自分の人生を創ってるなんて、思いもしなかった。


浄化ワークするようになって、過去のことを思い出すようになった。



若い頃、ロック少女だった。

自分で作ったアクセサリーや小物を路上で売っていた。

ビックリするくらい売れて、お店にも置かせてもらうようになった。

オイルショックがきて、売れなくなった。

最初は作りたいモノを作っていたのに、
いつのまにか、なにを作ったら売れるか考えるようになっていた。



自分になにが起こっていたのか、いまならわかる気がする。


でも、寄り道が人生、遠回りが人を豊かにするって、どっかで思ってるわたしがまだいる。








人気ブログランキング〜♪

posted by ima at 04:11| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。