2008年10月17日

ほんとうにやりたいことってなにかな〜

いま、ほんとうにやりたいことって、なにかな〜?


いまの仕事はちがうような気がするけど、しんどいこともあるけど、やめたいわけではない。


パリで暮らしたいとか、絵を描いていたいとか思ったこともあったけど、いまはそうでもない。


学生時代から、本読んで、おいしいモノ食べて、眠たくなったら寝て、
起きてまた本読んで・・・ゴロゴロ過ごすことが多くて、これはけっこう好き。


お金があったら、仕事やめて、本読んで暮らすのかな〜?


でも、姉たちや、友達や、周りの人たちが人間関係やお金やいろんなことで悩んでいたら、
ほんとにしあわせとは思えないな。


宮沢賢治さんが、なんかそんなことについて書かれていたのを読んだことあるな〜


ホ・オポノポノをいいな〜と思うのは、全部自分の中にあるということ。
すべてに責任があるということ。

困ってる人の話を聞く。
困ってる人が問題ではなく、それがわたしの体験だから、わたしがクリーニングする。

わたしにできることは、クリーン、クリーン、クリーン、わたしを清めることだけ。




朝刊を読んだ。
「私の転機」の欄に、糸井重里さんのインタビューが載っていた。

「いたたまれない」というのは僕にとって一番強い動機付けかもしれない。
嫌な仕事を続けたり、気の合わない人と一緒にいるといたたまれない気持ちになるし、
いいこともあまりないから、僕はそこからでちゃうんです。

踏ん張る気持ちが生じている時点でもう、その場にいる時期は過ぎてる気がします。



いまの仕事に対する答はこれかな。

いたたまれなくなったら、でる。



今日は金曜日。土日の休日はうれしいです。
今日一日、淡々とお仕事してきます。
posted by ima at 05:23| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。