2008年07月07日

人生の整理にかかっている

昨日、20年前のこと書いていて、自分のことだけど、
ちょっと別人のような、自分の過去生のような感覚でした。



でも、あとで読んで思ったのは、20年も経ってるけど、
まだ許せてないのかもしれない、ということでした。

相手の女の子、女の子の母親、彼の母親、
この3人の女性は、わたしを責めるだけでしたから。

当時、あやまってほしい、と思っていたのに、
逆でしたから。


なかなかしつこいですね、わたしの自我(苦笑)


(ちなみに、彼と女の子は、
 10年ほど一緒に暮らした後、別れています。)



その後現れる、苦手な人、嫌いな人は、
この3人の女性のそっくりさんかもしれません。


でも、この人たちも、わたしが創ったとすると、
いったいどこから、この人たちを創ったのか、謎ですけど。





新聞見てたら、
「人生の整理にかかっている」という、立川談志師匠のお言葉。


わたしも、<本当の自分に還る>までの自分の人生整理したくて
過去のことも書きたいのかな、と思いました。




東京、大雨です。

新しい週の始まりです。
今日も、がんばりましょう。




いつもありがとうございます!








posted by ima at 07:14| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。